教育と語学の仕事と資格

教育と語学の仕事と資格4

仕事と資格

教育と語学の仕事と資格4

通訳ガイド

訪日している外国人観光客につきそって、旅行案内や通訳にあたる仕事です。
外国語が話せることはもちろん、日本の文化や歴史について外国人に理解してもらうだけの知識がなくてはなりません。
現在の政治・経済の動きについて関心を払うことも必要です。
自営か、または日本観光通訳協会、全日本通訳案内業者連盟に所属して客を紹介してもらう方法もあります。
通訳案内業国家試験に合格して、都道府県知事が発行する免許をもっていることが必要となります。

関連資格
通訳案内業
資格区分 国家資格
資格の説明 日本を訪れる外国人旅行者に日本の各地を案内する仕事。語学力はもちろん、日本の歴史、地理、文化など幅広い知識と教養が要求される。さらに空港への出迎え・見送り、ホテルのチェックイン・アウト、買い物や旅行プランのアドバイスなど、ツアーコンダクター的な資質も求められる。かなり難しい国家試験だが、合格すればやりがいのある仕事ができる。
取得方法 年齢、学歴、国籍などに関係なく誰でも受けられるが、合格率は1割程度で難 関。1次試験は外国語についての筆記試験(英語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、中国語、朝鮮語のうちの1カ国語)。1次試験に合格すると2次試験(口述試験/第1次試験で選択した外国語(会話)及び人物考査 )、2次試験に合格すると3次試験(筆記試験/ 日本地理/日本歴史/産業、経済、政治及び文化に関する一般常識 )を受ける。さらに 試験合格後、都道府県に届け出て、知事の免許を受ける必要がある。
問い合わせ 国際観光振興会観光交流部
TEL 03−3216−1903
取得後の進路・職業 旅行関連会社等に所属して通訳ガイドとしての仕事を担う。また、フリーで活躍することもできる。

同時通訳

国際会議などで、発言者が話す言葉を聞きながら同時に通訳していく仕事です。
一般的にはブースとよばれる通訳室があり、そこで会議の進行を見ながらへッドホンを耳にあてて発言を聞き、それを通訳したものがそれぞれの発言者や聴衆に伝わっていきます。
通訳の技術しだいでコミニュケーションが円滑にいくかどうかが決まってきます。
それだけに緊張度は高く、疲労も激しい仕事だと言えるでしょう。
語学だけでなく、豊富な知識が必要となります。

関連資格
TOEIC

日本語教師

国の内外で外国人に日本語を教えます。
国内では、民間の日本語学校をはじめとして国際事業団の研修センターや国際救援センターなどがあり、公的なものとしては大学・専門学校などでも教えています。
海外にもいろいろな職場があります。
日本語への深い関心と教えることへの情熱、そして英会話のマスターも必要です。
日本語教育能力検定試験に合格することで資格が得られます。
また、専門学校の専門課程を修了した後、学校等で日本語に関する教育、研究に従事し、専門課程年限を加算して、通算4年以上の経験でも資格が得られます。
日本語を学ぶ外国人は多く、実力のある日本語教師の需要は高まる一方です。

関連資格
日本語教育能力検定試験
資格区分 公的資格
資格の説明 日本語教員となるために学習している者、日本語教員として教育に携わっている者等を対象として、その知識および能力が 日本語教育の専門家として必要とされる水準に達しているかどうかを審査し、これを証明するもの。1988年から実施されている文部科学省認定の能力検定試験で、試験の主催は財団法人日本国際教育協会。
取得方法 20歳以上であれば誰でも受験できるが、試験の水準は日本語教員として最低限必要な専門知識・能力を習得させることを目的とする大学の学部における日本語教員養成副専攻課程と同等程度。試験科目は日本語学概論をはじめ、日本の歴史・地理、日本語の教授に関する知識・能力などの筆記試験(1・2)と聴解試験。
問い合わせ (財)日本国際教育協会(事業部試験課 日本語教育能力検定試験係)
TEL 03−5454−5215
取得後の進路・職業 日本語学校に教員として勤務する。その他、ボランティアとして学校などで日本語の不自由な外国の人や子どもたちに教えることも。

教育と語学の仕事と資格ページTOPに戻る